データ分析 ~ 桜花賞 ~

クラヴァシュドール が少し遅めの開花宣言!

2週連続で牝馬のワンツー決着となっているGⅠ戦線。
今週はもちろん牝馬同士の決着しかありえないのだが、近年の勝ち馬を振り返ると
その実績は牡馬顔負けのモノ。
昨年の勝ち馬グランアレグリアが2歳GⅠ・朝日フューチュリティで①人気に推されながら
③着に駆けていたり、一昨年のアーモンドアイのシンザン記念①着でのパフォーマンスは
記憶に新しいところ。実に2014年のハープスターから昨年までの勝ち馬6頭中5頭に
牡馬相手・芝1400㍍以上の重賞での連対実績があった。
残り1頭、レッツゴードンキにも
芝1800㍍GⅢ・札幌2歳Sでの僅差③着があり、牡馬相手のタフなレース経験、その中での
好走実績が桜花賞で勝利を掴む大きなアドバンテージとなる。

また、前走成績にも注目しておきたい。
近5年の連対馬10頭中9頭は1400~1600㍍重賞で③着以内に駆けていた。残り1頭、2015年②着の
クリミナルはその前走チューリップ賞を⑪着と大敗しているが、重馬場が合わなかった点が敗因としてハッキリしており、①人気に推される力があったようにその後に良馬場で行われた桜花賞で②着、
オークスで③着と巻き返した素質馬だ。前走凡走からの巻き返しは至難の業と考えて問題ない。

ならば、⑪クラヴァシュドールはどうだろうか。
ここまで4戦1勝。新馬勝ち以降は勝ち星に恵まれておらず善戦馬のイメージが定着してしまいそうだが、2戦目サウジアラビアRC②着時に接戦を演じた相手は無敗の2歳GⅠ馬・サリオス。前走のチューリップ賞もタイム差なしの②着に駆け、桜花賞戴冠の条件は満たしている。
前走から鞍上のM.デムーロが連続騎乗、調教から跨っている点も心強い。

人気馬の取捨選択は?

⑰レシステンシア、⑨デアリングタクトといったあたりが人気を集めそうだが、
2頭には共に牡馬との戦歴がなく、データ推奨馬の候補から外した。
ただ、両馬とも強烈なインパクトを残す走りを見せていることは事実。
この取捨選択というのも馬券購入のポイントになるだろう。
当ブログとしては、今回の桜花賞に限りという条件付きでデアリングタクトを上位視。
同じ阪神芝1600㍍の阪神JF完勝のレシステンシアを他陣営が楽に先行させるとは考え難いうえ、
レシステンシア陣営も「今回は道中で後続に脚を使わせるような逃げを見せてほしい」とコメント。
同馬が外枠からの先行策になることも踏まえれば、レースはある程度速く流れるはず。
中団から後方の馬の台頭を強くイメージできるからだ。

管理人の買い目

【単勝】   ⑪        1,000円
【複勝】   ⑪        1,000円
【馬連】   ⑪-⑤⑨⑬   各1,000円
       ⑪-④⑥⑭⑰   各500円
【ワイド】  ⑤⑨⑪⑬ BOX  各500円      計 10,000円

※馬券購入は自己責任にてお楽しみいただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です