勝つための馬券攻略 ~ オークス 2020 ~

圧倒的な強さで先週のヴィクトリアマイルを制したアーモンドアイ。
先々、この馬との対決が楽しみと感じるのが、無敗のままオークス戴冠に挑む④デアリングタクト。
結論から言うと、今週は①人気でも素直に、この馬から買いたいと思っています。

無敗での牝馬二冠は可能性大 デアリングタクト◎

近5年のオークス勝ち馬を振り返ると
【OP勝ち以上の成績を残した上で、複勝率100%】
を全馬がクリアしていました。
今年の出走馬でこれに該当するのは、
①デゼル③アブレイズ④デアリングタクトの3頭。
以上3頭は複勝率100%どころか、勝率100%での参戦となります。
更に探ると
【2歳時に初勝利を上げてからキャリア3~5戦、中5週での参戦】
といったところが勝ち馬の共通点と言えます。
まだまだ成長段階にある若駒だけに無理のない計画的な臨戦過程というのも
100%の力を出し切るうえで求められる条件といえるでしょうか。
デゼル、アブレイズは、いくつものGⅠ制覇を成し遂げている
友道、池江厩舎の管理馬だけに
近年の勝ち馬の臨戦パターンから外れていても不気味な存在
であることは確かですが、デアリングタクトがこの点においても
傾向にバッチリ当てはまるのであれば、やはり素直にこの馬から。
本命④デアリングタクトからの相手探しで勝負したいと思います。

今年はフローラS組が面白い⁉

牝馬クラシック戦線は1600㍍の桜花賞から2400㍍のオークスへ
一気に800㍍の距離延長があることに加え、コースも右回りの阪神から左回りの東京に
替ることで条件が好転し巻返しを期待したくなる馬がいるのでは?
とも思いますが、過去の連対馬を見ると結果は案外。
上記勝ち馬を含め桜花賞組で連対を果たした馬5頭のうち、
桜花賞から巻返したと言えるのは2015年②着のルージュバック (桜花賞⑨着) くらい。
4頭は桜花賞でも③着以内に好走していました。
唯一、巻返したと言える結果になったルージュバックは桜花賞で①人気
に推されていた
馬であり、桜花賞組の取捨は実際に結果を残しているか、
または桜花賞で人気に推されるほどの馬だったかがポイントになると考えます。
他路線からの連対馬5頭の前走はフローラS、忘れな草賞がそれぞれ2頭、
スイートピーS1頭で、いずれも前走勝利からの参戦だった
点に注目しておきます。

以上より、最初にデアリングタクトと並べて名前を挙げた2頭も勿論ですが、
相手はレース内容の濃いフローラSでタイム差なしの①②着に入線した
⑤ホウオウピースフル⑯ウインマリリンを中心に
桜花賞で③着に粘った⑧スマイルカナの逃げ残りにも注意が必要かと考えます。

管理人の買い目

【馬連】  ④-①②⑤⑯   各1,000円
      ④-③⑦⑧    各500円
【3連単】 フォーメーション
      ④-①②⑤⑧⑯-①②③⑤⑦⑧⑯   各100円

 計 8,500円

※馬券購入は自己責任にてお楽しみいただきますようお願いいたします。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です