勝つための馬券攻略 ~ 日本ダービー 2020 ~

無敗のGⅠ馬2頭の激突で注目を集めた皐月賞。
その結果は皆さんがご存じの通り、やはり2頭の強さが際立つものでした。
そして例年通り、日本ダービーを迎えるにあたっては
「皐月賞から巻返す馬は?とか、東京替りで条件好転!逆転する馬は?」が
話題となりダービー予想が盛り上がるわけですが、今年はどうでしょうか。

今年の皐月賞は信頼度◎ コントレイル 2冠へ

結論から言うと、勝ち馬コントレイルの上位は揺るがず、
②着馬サリオス中心の相手探しが妥当ではないかと考えます。
まず今回の出走馬13頭が対戦した皐月賞の検証ですが、
①着コントレイルと②着サリオスの着差は半馬身の0.1秒差でしたが、
③着ガロアクリーク以降は0.7秒以上の着差となりました。
近5年の皐月賞において、勝ち馬から0.6秒差以内(約3馬身差)に入線した馬を見ると
2015年から順に3、4、11、5、4頭おり、今年がサリオスただ1頭だったという事実は
いかにこの2頭の力が抜けていたかということに他なりません。

実際に皐月賞から勝ち馬以外で着順を上げて馬券に絡んだ馬は、
この0.6秒差以内に駆けていたか、皐月賞で①人気に推されていた馬だけ。

これらの条件を満たさなければ、馬券圏内までの巻返しは厳しいと思われます。
となると、今年の皐月賞組で該当するのはサリオスのみ。
今年の皐月賞①②着馬の信頼度はかなり高いものと言えそうです。
強いて可能性を残すとすれば、人気でコントレイルとサリオスの間に割って入った
サトノフラッグでしょうか。

逆転あるか⁉ ワーケアのダービー狙い撃ち

皐月賞組の逆転が難しいとなれば、注目すべきは他路線組。
中でも最も魅力を感じるのはワーケア
弥生賞ディープインパクト記念で②着に入りながら、中山での走りがイマイチということで
皐月賞をパス。2戦2勝の東京を待ってのダービー参戦に本気度の高さがうかがえます。
逆転まで考えられるとすれば、この馬かと考えます。
あとは、押えでサトノインプレッサマンオブスピリット
サトノインプレッサが無敗で迎えた前走NHKマイルCは、完全なる前残りで展開不向き、
外枠や出遅れ、直線でも前が詰まるなど不完全燃焼の一戦。
課題がなくなったわけではありませんが、逆に全てが上手く噛み合った時の一発を秘めている
可能性はあると思います。
マンオブスピリットは京都新聞杯②着から。近5年で皐月賞組以外で馬券に絡んだ馬は4頭おり
その前走は京都新聞杯2頭、青葉賞1頭、プリンシパルS1頭。この中で連対まで果たしたのは
京都新聞杯組2頭のみ。
穴馬としてレース相性の良さに期待してみたいと思います。

出走馬、ジョッキー、関係者の皆様にとって特別な “ダービー” ですが、
それは馬券購入者であるファンにとっても同じ。
是非とも当てて、良い思い出として残るダービーにしたいですね。

管理人の買い目

【馬連】  ⑤-③    1,000円
      ⑤-①⑮⑯  各500円
【馬単】  ③⑫→⑤   各500円
【3連単】 1着固定
      ⑤-③⑫-①③⑫⑮⑯   各500円
      ⑤-①⑮⑯-①③⑫⑮⑯  各100円

 計 8,700円

※馬券購入は自己責任にてお楽しみいただきますようお願いいたします。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です