レース回顧 ~ 日本ダービー 2020 ~

夢膨らむ コントレイル 父を追う無敗二冠‼

結果的にはコントレイルのためのダービーというくらい
同馬の強さが際立ったレースでした。
スタート五分から前半は3番手追走、常に好位を追走して
ラスト③Fはメンバー最速の34.0秒。
最後は後続を突き放すような勝ちっぷりでしたが、福永騎手のコメントでは
まだ遊んで集中できていなかったりするところがあり、そこは改善してほしいとのこと。
これだけ完璧とも言える競馬をしながら、更なる上昇の余地を残すコントレイル。
まずは「目標・三冠!」ということで間違いないようですが、
近い将来、偉大な父と同じように多くの競馬ファンに夢を抱かせてくれるのでは……。
そんな風に思ってしまう、思わせてくれるダービー馬の誕生でした。

力を再評価 サトノインプレッサの次走に期待!

上位2頭以外では、東京コースでの上昇に期待したワーケアサトノフラッグが残念な結果に。
その中で①②着の大勢が決したところ内に突っ込んできて③着争いに加わった
サトノインプレッサの走りには見どころがありました。
馬券にこそ絡めなかったものの、前走大敗で落としかけた評価が
あらためて見直される走りになったのではないでしょうか。

個人的にはある程度納得しているものの、本命対抗で決まっていながら
馬券が何もとれていないというのは、やっぱり寂しいなと感じるダービーでもありました (^^;)

何にしても無観客競馬が続くなか、
2020年のオークス、ダービーが無事に開催されたことを嬉しく思います。
次週からは来年のオークス、ダービーに向け、新馬戦が始まります。
安田記念にはアーモンドアイも出走予定です。
コロナ禍はなかなか落ち着きませんが、
気持ちも馬券も負けずに競馬を楽しみ盛り上げていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です