レース回顧 ~ 安田記念 2020 ~

やっぱり強い グランアレグリアに脱帽

前走・高松宮記念の振り返りでグランアレグリアの強さに触れましたが、
私の中では1200~1400㍍の距離において間違いなくトップクラスという
位置付けにとどまっていました。
2~3歳時のマイル戦線での成績も立派なのですが、
GⅠでの信頼性はどうか……というのが正直な印象でした。
反省です。
道中、同馬よりも後ろに位置した②着アーモンドアイや④着ノームコアよりも速い
メンバー最速の上りをマークしての2馬身半差。
直線抜け出したあとは、早々に大勢が決した感さえありました。
アーモンドアイに勝ったからというだけでなく、
前走、今回とその成長、強さをしっかりとレース内容でも示したグランアレグリア。
次は馬券買わないとなぁ~と思いながら、これからの活躍を楽しみにします。

GⅠ8勝目は秋に! アーモンドアイ

普通であれば中2週のGⅠ連戦で①②着という成績は素晴らしいという他ないのですが、
アーモンドアイに関しては②着でも残念という気持ちがないとは言えません。
『単勝1.3倍』私を含め競馬ファンからのプレッシャーは大きなものだったと思いますが、
それも慣れたもの。いつもの軽やかな走りで、難なく1番にゴール板を駆け抜けてくれるだろう
とイメージしていた人は多かったはずです。
スタートは確かに後手気味になりましたが、この馬にとって不利というほどのものでなかった
と思います。レース間隔なのか、馬場なのか、敗因はわかりませんが、負けたと言っても②着。
さすがに見えない疲れもあるでしょうから、しっかりと休養して
GⅠ8勝目に再チャレンジしてほしいと思います。

他では期待したダノンキングリーダノンプレミアム2頭が掲示板にさえ
あがってこなかったのが残念。
個人的にはいろいろと反省の多い2020年の安田記念となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です