レース回顧 ~ CBC賞 2020 ~

言い訳しようのない大惨敗……

する気もないですが、今回は言い訳のしようもない予想でした。
②③着は何度か頭の中でイメージした希望通りの結果だったのですが (>_<)
そもそも外枠から軸を選ぶとした時点でアウト!というようなレースだったと思います。
⑭ディメンシオンの鞍上・松田騎手のレース後のコメントにも
「位置を取るのに手こずり、そこで脚を使いました。枠順が影響したと思います」と……。
レースは内枠から前々で運んた馬同士の決着。
正直なところ、③ラブカンプーの復活勝利は予想できませんでした。
ですが、振り返ればGⅡ・セントウルSを稍重で②着、GⅠ・スプリンターズSを重で②着の実績馬。
坂のある右回り芝1200㍍の荒れ馬場はラブカンプーの実績の中でも最も輝いているところ。
そこで51㌔のハンデだったわけなので、この結果も驚けないかと反省しています。
ラブカンプー、斎藤新騎手ともに初重賞制覇おめでとうございます。

②着の⑥アンヴァルは馬場・血統・人気面から今回狙い目だと考えていたため
せめて複勝だけでも買っていればなぁ~と後悔する結果に。

とにかく今週も下手だったと反省しかありません (^^;) 

今週が下手すぎてというわけではありませんが、
来週は予想に割く時間がなさそうなのでお休みしようと思います。
七夕賞は気になるんですけどね。
今週も勝負だ!という方、健闘をお祈りしております。 では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です