7/19 週末競馬備忘録 ~ 函館記念 2020 ~

3場全てのメインレースで①人気馬が馬券圏外に敗れ
阪神・函館では3連単が300万円台の大波乱。
ある意味、夢のある結果だなぁ……。

函館は 素質馬アドマイヤジャスタ 復活V

ということで、過去の傾向から波乱期待で注目した函館記念は
期待以上の大波乱に(苦笑)
近走不振から人気を落としていたアドマイヤジャスタは、
確かに2歳GⅠ・ホープフルS (今回と同じ芝2000㍍) でサートゥルナーリアと0.2秒差②着
の実績があり能力裏付け十分の素質馬。勝因の断定はできませんが、陣営が馬具による工夫
をされていたことや、洋芝への適性が復活Vにつながったということでしょう。
レース前の須貝師のコメントに「血統的にも洋芝が合いそうなタイプでは」とあったように
陣営がこの点を大きく評価するなら、状態次第で次は札幌記念でしょうか。
素質馬だけに次走への注目度も高まります。
他では展開、上位2頭とのハンデ差を考えれば③着バイオスパーク、④着トーラスジェミニ
は評価に値すると思います。サマーシリーズも踏まえ、各馬の動向に注目です。

⑱人気でもV 軽ハンデ馬+酒井騎手

阪神で行われた中京記念は⑱人気ですか。
「ハンデ戦・軽ハンデ馬の酒井騎手は買い!」っていうことは
既に話題になっていましたが、それにしてもスゴいですね。
もはや神がかり的なものを感じてしまいます。
あまり話題になりすぎて、人気先行で馬券的な旨味が……みたいなことに
ならないことを祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です