8/9 週末競馬備忘録 ~エルムS ~

競馬をやっていると、自分自身に対してもっと素直さが必要!
と感じることが多々あります(笑)
堅い決着に収まったエルムSですが、
今回の予想の最大の注目点は “調子” としていました。
だとすれば、素直にマリーンS勝ちから参戦の⑬タイムフライヤー本命で良かったはず。
そこで、ああだ、こうだと頭をひねって
配当面の旨味に目が眩んで (旨味といっても当たらなければ意味ないのですが) ……。
それも競馬の面白いところっていうのは、わかっているつもりですが(苦笑)

ダート戦線で再浮上! 2歳王者 タイムフライヤー

勝ったタイムフライヤーは2歳時以来の連勝。元々が2歳芝GⅠ王者ですからね。
高い走力をもっていることは間違いなく、今後のダート戦線での活躍に注目です。
当欄◎の⑫ハイランドピークは④着まで。今回は実績馬に休養明けが多かったことから、
一叩きされていた同馬のアドバンテージに期待するところがあったのですが、
②③着馬が休み明けで斤量を背負っての結果と考えると
やはり実績上位馬との力差はあったかと思います。
もちろん「欲を言えば、馬場が渋って欲しかったです」というジョッキーのコメント通りの
馬場になっていればとか、もう少し馬体重が絞れていてもとか、もしの可能性は残りますが
言っても仕方のないこと。
この「もし?」ってのも、競馬につきものですからね。
頭を切り替えて、来週以降の馬券的中に向け、予想を楽しんでいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です