8/23 週末競馬備忘録 ~ 2020 北九州記念 ~

秋の飛躍へ向け 実績馬が力を見せた!

高速決着を予想していただけに、1分7秒台で駆ける馬が勝ち馬のみという
結果は予想していませんでした。
今年の北九州記念は午前中に降った雨の影響があり、稍重の施行。
じゃあ、良馬場だったら予想が当たったのかと言われれば……
というところですが、当たった時も外れた時も競馬にタラレバはご法度!
残された結果を振り返ろうと思います。
このレースは「純粋に実績上位馬が力を見せたレース」というのが私の印象。
GⅠ馬である②着モズスーパーフレアをはじめ、
①着レッドアンシェル、③着アウィルアウェイも既に芝1200㍍重賞勝ち馬でした。
今回はハンデ戦ということもあり、斤量が重くなる実績馬は評価を下げられる面があったと
思いますが、結果を見ればこの3頭で⑧①⑩人気の決着というのは、馬券的な旨味があったのでは
ないかと思います。当てられた方は本当におめでとうございます。
そして感じたのは秋のスプリント戦線は春からの既存勢力中心かなということ。
ハンデを背負いながらもしっかりと結果を出した既存勢力、
軽ハンデでも力の差を見せつけられた新興勢力。
と、ここまで言うと言いすぎかもしれませんが、そんな印象も残った一戦でした。
次週は札幌で芝1200㍍のGⅢ・キーンランドCが行われます。
この結果にも注目し、秋のスプリント戦線予想につなげていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です