2020 京成杯AH ~ 攻略法を探る ~

今年も決める逃走劇! ⑩トロワゼトワル×横山典J

◎ ⑩トロワゼトワル 
〇 ⑤アンドラステ
▲ ⑯スマイルカナ
注 ⑪ラセット
△ ⑬ミッキーブリランテ
  ①ルフトシュトローム
  ⑦ジャンダルム

開幕週の馬場、天候、レース展開、ハンデ差など
頭を悩ませる材料だらけの一戦。
最終決断は◎に昨年の勝ち馬⑩トロワゼトワル
同型の⑯スマイルカナが大外枠に入ったことで自分のレースがしやすくなるはず。
スマイルカナは前走3番手から早目先頭のレースができたことで今回も最初から何が何でもの
レースはしないと考えます。
トロワゼトワルの不安材料は斤量が55㌔になることですが、
過去のコメントから暖かい時期に走る馬であることは陣営でも計算されているはずで
ここは勝負レース! 状態の良さでカバーできると信じます。
初日のレースを見る限り、絶対に先行馬有利という程いかにも開幕週といった馬場でもない
気はしましたが、とはいえ逆に後方一気を決めるのもやはり難しいはず。
先行2頭が共に馬券内に残る可能性もあると考えています。
〇評価の⑤アンドラステは53㌔でルメール騎手への鞍上強化。
内枠に入って、好位からの競馬が可能なだけに
最も安定したレースが期待できるのではないかと考えています。
不安材料は速い時計への裏付けがないこと。
これに対応さえできれば、突き抜ける可能性もあると思います。
気になる注意したい1頭が⑪ラセット
スマイルカナ、トロワゼトワルが先行した近2走を共に追い込んで②着。
開幕週の馬場がどうかという懸念があり評価を少し下げましたが、
上記2頭のペースはこの馬の終い生かしやすいと考え一発に期待しています。

管理人の買い目

【3連複】 軸1頭流し
      ⑩-①⑤⑦⑪⑬⑯   各200円 (15点)
【馬連】  BOX
      ⑤⑩⑪⑬⑯      各500円 (10点)

 計 8,000円

※馬券購入は自己責任にてお楽しみいただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です