週末競馬備忘録 ~ 2020 天皇賞・秋 ~

遂にGⅠ8勝目が成されました。
個人的にはGⅠ7勝馬の中にも好きな馬がいるので
記録が更新されることに少し複雑な気持ちもありました。
とはいえ、馬券はアーモンドアイ軸で買っていましたし、勝って記録が更新された今となっては
まだ記録を伸ばすのか、次はどこに出走するのかに興味が湧いています。
アーモンドアイ陣営、関係者の皆様、本当におめでとうございます。
結果的には掲示板にあがった5頭すべてがGⅠタイトルホルダー。
少頭数で広く直線の長い東京コースが舞台となれば、やはり力差や格の違いがハッキリと出る
と感じた天皇賞・秋でした。
個々の出走馬を見ると、今年GⅠを制している2頭、フィエールマンクロノジェネシス
さすがと言うところ。スローペースで流れた分、アーモンドアイ含め④~⑥着も前々で競馬を
進めた馬だったのに対し、この2頭だけは後方から上がり32秒台の脚で迫ってきました。
共に秋初戦でもあっただけに、次戦以降が楽しみです。
上位3頭には力差を見せられた感がありますが、
④着ダノンプレミアムはブリンカー着用の効果もあってか、積極的な競馬でいいところは
あったと思います。正直、これからのGⅠタイトル奪取はどうかと思いますが、GⅡ・Ⅲと
いった舞台であれば勝ち負けになるのではないでしょうか。
個人的に期待していたダイワキャグニーは頑張りましたが、
ここでは力不足が否めませんでした。距離も1600~1800くらいがベストなのかなと
感じます。去勢後2戦を消化し、これから体調が整ってくる部分もあるかと思いますので
また東京コースマスターとしての走りを見せてくれることを期待します。

この中間、地方で開催されたJBCでは地方馬の活躍も目立ち盛り上がりました。
深まる秋競馬、のこり2カ月も楽しんで、そして当てていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です