週末競馬備忘録 2020 アルゼンチン共和国杯

オーソリティ 快勝! ルメール騎手 絶好調!

3歳馬オーソリティが骨折明けによる久々の不安をものともせず快勝。
もちろん馬が立派ですが、それにしてもルメール騎手は大活躍ですね。
少し勝ててないなぁと感じる時期があったかと思いましたが、
勝ち始めたら止まらない (笑)
今年残りのGⅠ戦線で常に中心にいると言って過言ではないでしょう。
そのジョッキーの位置取り、コース取りが勝敗を分けたと感じたのが
今日のアルゼンチン共和国杯。
今の東京の芝コースは、土の色が目立つ内と比較的痛みの目立たない真ん中から外
の違いがレース映像でもハッキリと見てとれる状態。
実際に芝コースで上位にくる馬は真ん中から外を伸びてきていました。
このアルゼンチン共和国杯も例に漏れず。
上位にきた3頭は、しっかり土の色が目立たない部分を伸びてきました。
ルメール騎手はじめ、戸崎、柴田善両ベテラン騎手もさすがと言うところ。
当欄で注目したサンレイポケットは⑥着まで。
1頭で内の荒れたところを走るような形になってしまいましたからね……。
競馬にタラレバがないのは十分承知していますが、
最後もそれなりの脚を使っていただけに馬場の良いところを走れていたら
どうだったかなという思いはあります。
左回りで距離も合っていたと思いますので残念な結果となりました。

少し負けが続いてきましたので、来週はそろそろ (苦笑)
そろそろ勝ちたいですね。
週末に向けて、中間からしっかり情報収集。
がんばっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です