ジャパンカップ 2020 予想 ~ 攻略法を探る ~

恵量53㌔ デアリングタクト 一気に頂点へ

◎ ⑤デアリングタクト
〇 ②アーモンドアイ
▲ ⑥コントレイル
☆ ①カレンブーケドール
△ ⑮グローリーヴェイズ

競馬ファンにとっては楽しみでしかない一戦。
実質、2020年の年度代表馬決定戦と言って過言ではないでしょう。
この一戦を良馬場で迎えられそうなことを嬉しく思います。
まず人気3頭ですが、暮れの有馬記念ならどうかと思うところもありますが、
しっかりと力を出し切りやすい東京芝2400㍍の舞台であれば
素直に3頭で決着の確率は高いと考えています。
ただGⅠ馬というだけでは見劣りを感じてしまうのが、今年のジャパンカップなのです。
大注目の一戦だけに、早くから様々な見解が披露されていますが、
当欄では⑤デアリングタクトを本命視。
近2年のジャパンカップでは3歳牝馬が連対しており、やはり53㌔の恩恵は大きい。
そして菊花賞、天皇賞(秋)からの参戦に比べると余裕のあるレース間隔がライバルと
比較する際のアドバンテージになると考えます。
加えて、同馬が秋初戦をプラス14㌔の馬体重で勝利、馬体に成長が見られたこと、
そして一度使っての上積みを期待できる点に好感を持っての◎です。
②アーモンドアイは3歳馬2頭と比較すると、ここまで戦ってきた相手が断然ハイレベル。
そして東京コースでのパフォーマンスの高さを考えると、最も馬券圏内から外れる確率が低い
と考える1頭。ここで引退ということもあり、とにかく無事にという気持ちです。
⑥コントレイルがダービーで見せたパフォーマンスを考えると、上記2頭を負かす可能性は
十分にあると思いますが、やはり前走・菊花賞での消耗が気になります。
最後の最後までプレッシャーのかかった3000㍍の長丁場を駆けた前走、
そして3頭の中で唯一、この秋2戦を消化しています。
力は認めつつも、上記2頭との上昇度比較を踏まえての3番手評価です。
もうこの3頭で勝負!
と言いたいところなのですが、何があるかわからないのも競馬。
歴史的な一戦だからこそ馬券も当てておきたいという思いから
①カレンブーケドール⑮グローリーヴェイズは押さえることにします。
では、馬券の勝ち負けは勿論ですが、
この世紀の一戦をしっかりと目に焼き付けておきましょう。

管理人の買い目

【3連単】 3頭BOX
      ②⑤⑥   各1,000円  (6点)
【3連複】 ①②⑤、①⑤⑥   各1,000円
      ①⑤⑮、②⑤⑮、⑤⑥⑮   各500円      

 計 9,500円

※馬券購入は自己責任にてお楽しみいただきますようお願いいたします。       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です